システムエンジニアの激務状況レポート

激務なシステムエンジニア。転職するなら社内SEがおすすめです!

システムエンジニアの激務状況レポート

今から手に職をつけるなら、IT系が堅い。そんなイメージが浸透しつつあります。IT系技術職の中でも花形ともいえるシステムエンジニアが人気です。その一方で、IT系エンジニアは激務・・・つらそう・・・というイメージも定着していますね。人手不足で人材獲得が経営課題ともいえるIT業界では、働きやすい環境やワークライフバランスの提案などを押し出し、各企業がエンジニアの労働環境改善に勤め、優秀なエンジニアの確保に必死です。しかし、現実には激務に忙殺されているシステムエンジニアがほとんどでしょう。ではシステムエンジニアへの転職はおすすめできないのかといえば、そうでもありません。これからシステムエンジニアを目指すなら、社内SEとしての転職が狙い目です。

システムエンジニアとはどういうものか

システムエンジニアとはどういうものか システムエンジニアはとにかく多忙で、過酷な激務をこなしているというイメージをお持ちの方も多いでしょう。実際、多くのシステムエンジニアがそのような激務をこなしています。システムエンジニアとは、コンピュータ全般に関する幅広い専門知識とスキルを持ち、クライアントのニーズを聞き取り、要件定義をしてコンピューターシステムの設計をおこし、仕様書に落とし込むという役割を持つ職業です。IT系のエキスパート・専門家として広く深い専門知識を持つと同時に、クライアントやプログラマなどあらゆる人々と円滑なコミュニケーションをとり、システム開発の中心的存在として開発業務をすすめていきます。 システムエンジニアとはどういうものかの詳細を見る

激務なシステムエンジニアが注意すること

激務なシステムエンジニアが注意すること うつ病や燃え尽き症候群、体調不良による入院など、日本のビジネスマンは常に現代病の危険と隣り合わせで働いています。中でも、激務といわれるシステムエンジニアは、特にその危険性が高い職業です。IT技術はすでに、水道や電気などと同様に社会のインフラとしてなくてはならないものとなっています。企業のコンピュータシステムが止まれば営業自体が滞り、想定外のトラブルや誤作動がおきれば莫大な損害額をたたき出してしまう恐れもあります。そんなコンピュータシステムを扱うシステムエンジニアが、常に注意しておくべきことについて紹介します。日々勉強と努力を積み重ねてハイレベルなスキルを身につけて激務をこなしても、倒れてしまったら元も子もありません。 激務なシステムエンジニアが注意することの詳細を見る

システムエンジニアに転職するなら社内SEがおすすめ

システムエンジニアに転職するなら社内SEがおすすめ さんざんシステムエンジニアの激務ぶりを紹介してきましたので、システムエンジニアにはなりたくないな・・・と思ってしまった人もいるかもしれません。しかし、同じスキルを持ちながら、もっと人間らしい働き方をしているシステムエンジニアもいます。それが社内SEという職業です。クライアントの発注を請けてシステム開発をするのとは異なり、企業内のシステムを管理するのが主な役割となるため、納期に追われるデスマーチとなることがほとんどないのが特徴です。ただし、トラブル発生時は眠れない場合もあります。企業にとって、ITシステムが経営戦略の1パーツとして重要なものとなっている今、社内SEに対する期待値も高まっています。 システムエンジニアに転職するなら社内SEがおすすめの詳細を見る

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.