システムエンジニアの激務状況レポート

目指すはシステムエンジニアの最高位資格!「システム監査技術者」

システムエンジニアの資格

システムエンジニアの資格

システムエンジニアというものはとても激務で大変な仕事です。そのシステムエンジニアが取得する資格というのはシステム監査を始めとして、技術的なものや経営分やに及ぶものまでさまざまなものがあると言われています。ここでは、その中でもシステムエンジニアが取得する資格として有利なものに的をしぼって紹介します。

システムエンジニアの最高位の資格とは?

その中でも経営に関わる資格として有名なのが、システム監査技術者という資格です。この資格は、システム設計からプログラミングやテストまでといったソフトウェア開発の一連の工程に関わる仕事をしている人を対象とした資格であり、試験の内容もデータベースやネットワークなどという技術的なものではなく、業務分析などに関した問題が出題される傾向にあります。また、システム監査技術者は情報処理試験の最高位に位置づけられているので、システムエンジニアの最高峰とも言える資格になっています。

プロジェクトマネージャのため資格とは?

プロジェクトの責任者であるプロジェクトマネージャに必要とされる資格として、プロジェクトマネージャという資格があり、この資格はプロジェクトをスムーズに進める事が可能かどうかというのを判断される試験になっています。試験範囲はテクニカルなものだけに限っておらず、アルゴリズムやプログラミング、コンピュータの構成要素やシステムの構成要素などといったテクニカルな知識の他に、サービスマネジメントやシステム監査など、マネジメントに関する知識などの問題が出題されています。情報処理関係のテストの中で、難易度が高い高度情報処理技術者試験の1つであって、大手ソフトウェアメーカーなどの場合は、昇給や採用の際の条件としている会社もあります。

テクニカル系の資格はどんなもの?

システムエンジニアが取得するテストの中には、テクニカルエンジニア(ネットワーク)や、テクニカルエンジニア(データベース)、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)などといったテクニカルな情報処理の資格などもあります。
これらは全て、システム開発をする上でのネットワークやデータベース、情報セキュリティの専門の知識があるかどうかを問われる資格であって、難易度がとても高い試験になっています。

資格を取るということ

上記で紹介した以外にも、基本情報技術者やソフトウェア開発技術者などといった、システムエンジニアが取得できる資格はたくさんあります。ネットワーク機器の世界的メーカーであるCISCOの認定試験も、IT業界ではメジャーな資格です。ネットワーク系の知識と一定スキルを有していることを証明するのには有効です。いずれの資格も、自分自身のレベルを確認するためにチャレンジするというひとつの意義があります。そしてせっかく取得した資格は、転職やキャリアアップなどに積極的に活用すると良いでしょう。企業によっては、資格を持っているだけで資格手当てがつく企業も少なくありません。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.