システムエンジニアの激務状況レポート

向いている?向いていない?システムエンジニアの適正とは

システムエンジニアの適性

システムエンジニアの適性

システムエンジニアの仕事に関しては、情報リテラシーとしての能力とクライアントを納得させるコミュニケーション能力が要求されます。コンピュータを含む情報リテラシーは日々進化しています。常に最新の情報を探求する意欲を見せることが、将来活躍するシステムエンジニアとして求められる条件になっています。

コンピュータなどの知識が豊富にある人

システムエンジニアは、コンピュータを扱う事が基本なので、仕事をする上でITに関する全般の知識が必須の条件となります。ITの技術は留まる事を知らず、ユーザーにとってさらに便利になる事を目的として、日を追う毎に進化しているという状況です。コンピュータを扱う仕事人として、常に最新のコンピュータの技術を勉強して、会社のプラスになるようにIT技術を取り入れる人がシステムエンジニアとして活躍できます。
新卒としてシステムエンジニアになっている人は、大学で理工学部に所属していた場合が多いようです。コンピュータ全般を学んでいるので、理工学部の学歴を持っていた方が有利と言えるでしょう。しかし、最近は文系の人でも、やる気次第でシステムエンジニアとして活躍できる環境となってきています。実務の中でコンピュータ全般のことを学び、スキルを身につければ実務や学歴に関わらず、未経験者でも活躍するチャンスはあるということです。

相当のコミュニケーション能力が必要

システムエンジニアの仕事は、コンピュータを相手にして仕事を行います。しかし、納品先としてのクライアントの要求に対応できるコミュニケーション能力があると、仕事を円滑に動かす事ができます。
原則的にクライアントの希望内容を、根気強くコミュニケーションをとったりして、把握しなければなりません。実務経験や学歴などを問わず、コンピュータに関わらず、多くの人と関わる事が好きなすべての人が、システムエンジニアとしての適性を持っていることになります。そして、相手の話を上手に理解して、どのような要望でも対応できる人が向いていると言えるでしょう。

激務に耐えられる体力と精神力は必須

ソフトウェア関連の仕事やシステムを開発する仕事に関しては、必ず納期があり、納期に遅れるとクライアントの信頼を失う事になります。従って、納期に間に合わせる事ができるように、どんな激務の状態であっても耐えられる体力と精神力が必要です。
システムエンジニアの仕事は、正常にソフトなどが作動するかどうかなどのテストも行います。要求通りの成果物をクライアントに納品、その後のアフターフォローまでを任されることになります。従って、納期までに要求通りの成果物を仕上げるために、勤務時間を問わずに仕事を進められることが求められます。病気などで仕事を休まないように、日々の健康管理も重要となります。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.