システムエンジニアの激務状況レポート

システムエンジニアが激務につぶされないために注意したいこと

激務なシステムエンジニアが注意すること

システムエンジニアはハイレベルな職業で、責任も重い仕事です。そして、コンピュータシステムにトラブルはつきもの。思いがけないバグが発生したり、想定外の誤動作を起こすなど、関わる人々をふりまわしてくれます。トラブルが発生すれば、解決するまで寝ることもできずに対応に追われてしまいます。そんなコンピュータシステムを操るシステムエンジニアが、激務につぶされないように気をつけてほしいポイントを紹介します。

システムエンジニアが激務な理由

最近は日々のIT技術の進化と、システムエンジニアの人材不足、様々なシステムを要求するクライアントとの兼ね合いで、システムエンジニアが激務に追われる傾向となっています。さらには、新人や経験の浅いスタッフの教育をしつつ、クライアントの求めるシステムの開発を管理していかなければなりません。しかし、人材不足ということは、システムエンジニアを目指す人々にとってチャンスなのです。システムエンジニアの職に就くためには、コンピュータ全般の知識とコミュニケーション能力が必要です。そして、いくら能力があっても、実際に納品した成果物に不具合が見つかり、最初からやり直しをしなければならないという場合も多いので、そのような激務に耐えられることも求められています。 システムエンジニアが激務な理由の続きはこちら

激務なシステムエンジニアがうつ病にならないためにすること

激務と過度のストレスの中にいるシステムエンジニアは、心の病になりやすいと言われているようです。実際、真面目で責任感があり、きっちりと仕事を仕上げるSEほど仕事に集中しすぎて、さらに自分へのプレッシャーもかけ続けるため、過度なストレスを感じやすいようです。35歳定年説が存在するように、SEは35歳頃から技術の熟練と反比例するように仕事にやりがいを持てず、給料も上がらないことから精神的に追い詰められる人が多いようです。うつ状態と感じた時は、とりあえず環境を変えてみて、未来について考えてみることが重要なのではないでしょうか。 激務なシステムエンジニアがうつ病にならないためにすることの続きはこちら

激務なシステムエンジニアの燃え尽き症候群

あるエンジニアの燃え尽き症候群では、激務によって精神的な異常が生じ、睡眠不足を起こしたり、体調が悪くなったという事例があります。精神的な異常の中で、仕事を完成させた時にも達成感が感じられなかったり、コミュニケーションが取れないというような燃え尽き症候群に陥ってしまったようです。事態を察知した会社の対策として、1週間から1ヶ月程度の休暇を与えられたようです。燃え尽き症候群に陥ってからそれを脱却するには、休暇中に心療内科などを受診して、精神の状態を元に戻す努力が必要です。そうならないためにも、現在、激務で無理をしていると感じている場合は誰かに仕事を依頼する勇気も必要です。 激務なシステムエンジニアの燃え尽き症候群の続きはこちら

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.