システムエンジニアの激務状況レポート

うつ病にならないために!激務なシステムエンジニアがすべきこと

激務なシステムエンジニアがうつ病にならないためにすること

激務なシステムエンジニアがうつ病にならないためにすること

激務と過度のストレスが原因で、うつ病などの心の病を患うシステムエンジニアが増えているようです。豊かなエンジニアライフを送るためには、身体の健康と同じくらい心の健康も重要です。SEとして働きながらも、心の健康を守る方法について検討してみませんか?

どんな人がうつ病になりやすい?

一般的にうつ病になりやすいのは、責任感が強く真面目な人だと言われています。
一生懸命働き、与えられた仕事は手を抜かずにきっちりと終わらせなければならないという思いが強い人ほど、心の病に陥りやすいのです。そんな人が、仕事に集中しすぎて過労となってしまったり、周囲の期待に答えるために自分へのプレッシャーを強めていった結果、過度のストレスを感じてしまうのでしょう。

SE35歳定年説とは

SEの35歳定年説というものを聞いたことがある人は多いでしょう。技術的・体力的な面からSEとして働くのは35歳が限界だという話です。確かにSEとして働く多くの人は、熟練者であっても、コストが高くなるため受け入れ企業が少なくなったり、若手であれ熟練者であれ、一人にかけるコストは一定金額から増えないため給料が上がらなかったり、さらには会社からも上流工程・マネジメント業務へ移ることを進められたりするようです。
そのため、熟練者ほど評価されていなかったり、やりたくない業務(マネジメント業務)をしなければならないという思いから、思い詰めてしまうのでしょう。やりがいを感じないことであっても、仕事である以上はやらねばならないと考えてしまう人ほど、やはりストレスを感じているものなのです。

うつ病から抜け出すために

このような状態でうつ状態になってしまったとき、どのようにしてそこから抜け出せばいいのでしょうか。
最も有効な方法は、未来について考えさせるということです。
うつ病になった人というのは絶望の中にいます。中には死を考えてしまう人もいることでしょう。今目の前にあることを絶対にやらなければならない、将来に渡って逃げ場もなく、嫌な仕事をやり続けるしかない、という思いでいると、今日死んでも明日死んでも同じなら今日死んでしまおう、という考えにつながってしまうこともあるのです。
しかし、明日が良くなると信じられれば、今日死ぬことはやめようと思うものではないでしょうか。
そんな人には、あなたにも今とは違う未来があるのだと考えさせてあげることが重要なのです。そのためにも、まずは環境を変えてください。休暇をとってみたり、または思い切って今の職場を辞めてみるなりしてみましょう。それだけでも今日と同じ毎日が続くわけではないとわかるはずです。自分には未来を変えることができて、やりたいこともあるのだと考えることができれば、うつ病からは抜け出せたも同然ではないでしょうか。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.