システムエンジニアの激務状況レポート

燃え尽き症候群に注意!システムエンジニアの激務との戦い方

激務なシステムエンジニアの燃え尽き症候群

激務なシステムエンジニアの燃え尽き症候群

システムエンジニアの仕事は、納期に間に合わせるために実際の勤務時間が長くなる傾向があります。従って、仕事以外の生活がきちんと成り立たなくなって、睡眠不足などの精神障害を起こす場合が多いようです。プロジェクトを達成した時ですら達成感を感じず、何もやる気が起こらなくなるという、燃え尽き症候群を発症しやすい環境の中で業務に就いていることを認識しなければならないです。

あるシステムエンジニアの燃え尽き症候群の体験

あるシステムエンジニアの燃え尽き症候群になった一例として、仕事による睡眠不足の連続で、廃人のようになった症例が挙げられます。
社運が掛かっているプロジェクトを任されている時は、毎日のように朝から深夜までの仕事が連続していました。朝早くから現場のシステムの調子が悪い事があり、会社から電話で寝不足の中すぐに出勤しました。何とか午前中に不具合は解消したものの、プロジェクトのスケジュールを再調整したり、その他の様々な業務を頼まれ、当然定時には帰れない毎日が続いていました。現場では人手不足ですが、様々な業務を他のエンジニアに押し付けるしか対応策がありませんでした。頑張ってプロジェクトに取り組んで、一段落し精神的に落ち着いた時には廃人のようになってしまいました。パソコンをただ機械的に操作したり、自分の身だしなみさえ気をつけられないような典型的な燃え尽き症候群になってしまったのです。

燃え尽き症候群が発症する場合の症状

燃え尽き症候群が起こる事例としては、仕事ばかりを考えて睡眠が思うようにとれない事によって睡眠不足に陥る事が一つの要因となるようです。あるエンジニアの場合は、いつも朝早くに会社から電話が鳴り即出社という事が多く、日々睡眠不足に陥っていました。仕事が完了しても常に疲労感を感じて、訳もなく手足が痛くなることがあります。システムエンジニアとして重要なコミュニケーションに関しても蔑ろになっている事が多くて、友人と会話がなくなったり、やる気がなくなるなどの症状もあるようです。

燃え尽き症候群からの脱却のための対策

日々の激務によって廃人になってしまったあるシステムエンジニアに対して、会社側は1週間程度の休みを与えました。しかし、再び出社しても燃え尽き症候群から回復しなかったので、人事部のヒアリングによって、会社側は燃え尽き症候群の重大さを認識しました。会社の対応としては、そのシステムエンジニアに対して再度1ヶ月程度の休みを与えました。その後は、緊急業務以外の連絡の禁止や定時で仕事を切り上げるなどの対応で、ゆとりを持って出勤が出来ているようです。
燃え尽き症候群からの脱却には、会社に休養の申請をしたり、誰かに仕事を引き受けてもらうなどの対策が必要です。休暇中には、心療内科などで受診をする事も重要です。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.