システムエンジニアの激務状況レポート

人手不足?業界常識?システムエンジニアが激務に追われる理由とは

システムエンジニアが激務な理由

システムエンジニアが激務な理由

最近は、IT技術の飛躍などで新しいシステムを要求するクライアントが増加しています。そして、クライアントが要求するシステムの質が高くなることにより、システムエンジニアの仕事が激務になっている傾向があります。

IT技術の高度化による需要供給バランス

多くの企業で最新のIT技術を取り入れる機会が多くなったことによって、企業の運営が便利になるシステムの開発を求められるようになりました。多くの企業において、利益を追求するために様々なシステムを要求しています。要求されるシステム開発の需要が、対応できる範囲から遥かに超えてしまうと、システムエンジニアにとってはさらに激務に追われながら仕事をしなければならなくなります。最近は、システムエンジニアの人材不足も問題点となっていて、人材不足により新人の育成に時間が掛かっています。そして新人が戦力になるまでは、クライアントとのやり取りはベテランの人が行っています。ベテランのシステムエンジニアの人材不足が、要求されるシステム開発の需要を満たせない要因となっています。しかし、人材不足という事はシステムエンジニアへの転職を考えている人にとっては、千載一遇のチャンスとなります。

IT技術の高度化による需要供給バランス

システムエンジニアを目指すためには、コンピュータのリテラシーに関する知識を始めとして、ネットワークやシステム開発に関する知識を持っておくことが前提です。従って、学生の時からコンピュータを中心とした専門学校で知識を学んで、将来に知識を活かすという意味で、コンピュータの関連の専門学校に通っている人も多いです。
システムエンジニアの仕事をこなすためには、現場で円滑なコミュニケーションをやり取りできる能力や業務をこなすための実務経験が必要です。そして、仕事の合間で最新のIT技術を身に付けておく事も重要です。つまり、仕事の激務に追われながら、クライアントに対応できるだけのエンジニアとしての勉強もしていかなければならないのです。

激務というイメージが強い

システムエンジニアとして仕事を展開する場合、人と接する能力やIT技術を駆使できる能力が必要です。クライアントが要求する成果物を納期までに納めるために、プロジェクトなどを進行する能力に長けていたり、進行の際の問題点を見極める能力も必要です。納品する際に不具合が生じる場合もあり、成果物を大幅に作り変えなければならない可能性もあります。従って、いくらコミュニケーションなどの能力があっても、激務に追われる可能性も想定しなければなりません。
想定外のトラブルやバグを発見すれば、納期に間に合うように直ぐに成果物の作り直しをしなければなりません。従って、納期に間に合わせるために昼夜問わずの激務を覚悟しておく必要もあります。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.