システムエンジニアの激務状況レポート

今からシステムエンジニアになるなら、社内SEが狙い目です!

システムエンジニアに転職するなら社内SEがおすすめ

システムエンジニアとして働きたいけど、激務に耐えられる自信がない・・・という人におすすめなのが社内SEという職業です。自社内のシステムを管理するのがメインの仕事ですが、実績やスキル次第では、より経営に近いところでIT戦略の企画などを任されることもあります。コンピュータ関係の知識とスキルを活かしながら、開発系SEとはまた違うやりがいを感じられる仕事です。

社内SEのメリット・デメリット

それほど多くない年収の割には、社内SEへの転職を目指す人は多いようです。システムエンジニアの激務に耐え兼ねて、、、という場合が多いようですが、社内SEのメリット・デメリットとはどのようなことなのでしょうか。まずメリットとしては、やはりスケジュール調整や無理な要求に追われる案件が少なく、自分のペースで仕事を進められるということ、社内の人間に頼られるとうことが挙げられます。デメリットとしては、成果の見えにくい部分を扱うため、会社から評価されにくく、コストとして扱われがちだということや、環境によってはモチベーションの維持が難しいという点が挙げられるようです。 社内SEのメリット・デメリットの続きはこちら

社内SEの仕事内容

システムエンジニアの中でも人気の高い社内SE。一口に社内SEといっても様々な業務を担当しています。ここでは、それぞれの業務について簡単にまとめながら紹介します。まずはアプリケーションエンジニアとしての業務。社内システムの開発や運用等を行います。ネットワークエンジニアとサーバエンジニアはそれぞれ、社内ネットワークとサーバマシンに関する管理運用を行いますが、共にインフラエンジニアと呼ばれています。最後に社内のシステムやパソコンのトラブルに対するヘルプデスクとしての役割も担うことになり、社内SEとしてはこれも重要な仕事です。 社内SEの仕事内容の続きはこちら

社内SEのスキル

社内システムエンジニアへの転職を目指している人は多いようですが、社内SEへの道は狭き門です。上手に転職するためには、社内SEに求められるスキルを理解しておくことも必要でしょう。社内のITシステムのすべてを把握し、その最適化を常に考えていく必要がある社内SEには、他の部門や経営層との調整役を引き受けることも重要な役割です。そのため、社内で一番といえるITの知識を持っておくことはもちろん、ただSEとしての技術を磨くだけではなく、転職前からコミュニケーション能力を高める工夫をしておくことも必要不可欠だと言えるでしょう。 社内SEのスキルの続きはこちら

社内SEをおすすめする理由

例えIT業界のピラミッドの頭、大手コンサル・SIerで働いていた人であっても、社内SEへの転職を目指す人は多いようです。マネジメント業務やコンサルト業務など、キャリア的にも給料的にも高い水準である大手コンサル・SIerから社内SEへの転職を目指す理由としては、激務や顧客との折衝に疲れてしまったことが挙げられます。社内SEならば転勤もなく時間に余裕があることも多いため、給料が下がったとしてもゆったりと働きたいことを望む人たちは、大手コンサル・SIerからでも社内SEへの転職を目指すことが多いようです。 社内SEをおすすめする理由の続きはこちら

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.