システムエンジニアの激務状況レポート

転職サイトを上手く利用して社内SEへの転職を成功させよう!

社内SEに転職する時のおすすめの方法

社内SEに転職する時のおすすめの方法

激務であるシステムエンジニアが転職活動を行う場合、ハローワークを利用するのも良いですが、個人的にはIT業界を専門的に扱っている転職サイトの利用をおすすめします。ハローワークは幅広く様々な業界の仕事を紹介していますが、その代わり各業界の求人はあまり多くありません。しかし、転職サイトの中にはIT業界に特化しているものもあるため、多くの選択肢の中から自分に合った企業を見つけることができるでしょう。それでは具体的にどのような転職サイトを利用すると良いのでしょうか。おすすめの転職サイトを2つ、その転職サイトをおすすめする理由も添えて紹介します。

自分に合った職場を見つやすい「Geekly」

Geeklyは人材ビジネスには品質が重要だという考えのもと、マッチングに力を入れている転職サイトです。契約している企業と確かな信頼関係を築かれており、その企業独特の文化や働き方といった求人票だけではわからない情報を知ることができます。そのため、思っていた会社と違ったなどと働き始めた後にミスマッチを感じる可能性は低いでしょう。仕事が忙しいシステムエンジニアにとって、仕事の合間に行う転職活動は大きな負担となります。ミスマッチを感じることがなければ、もう1度転職を決意する可能性も低くなるため、これは大きなメリットといえるのではないでしょうか。また、Geeklyのみが扱っている独占求人も存在します。他の転職サイトにはない珍しい求人も見つけることができるでしょう。Geeklyでは登録後に業界に詳しい担当コンサルタントとの面談があります。それにより求職者の希望やスキルをより正確に把握することができ、それが最適なマッチングへと繋がっているようです。自分に合った職場で長く働きたいという人には特におすすめできる転職サイトだといえるでしょう。
Geecly

サポート体制が充実している「FAbank」

FAbankは求職者のサポートに力を入れており、転職活動を支援するお役立ちコンテンツを多数提供している転職サイトです。お役立ちコンテンツでは履歴書や職務経歴書の書き方、ポートフォリオの作り方などを知ることができます。特にポートフォリオは他の業界ではあまり提出が求められないため勝手がわからない人も多く、そういう人には非常に助かるコンテンツでしょう。また、FAbankはスカウトサービスも行っています。匿名でプロフィールを公開すると、そのプロフィールに興味を持った企業からスカウトが来るというサービスです。プロフィールを登録するだけなので、仕事に追われ転職活動を行う時間がない人も気軽に利用できます。その他にもお祝い金の進呈があり、「お祝い金あり」と書かれた求人に応募し採用された場合は3万円もしくは5万円を受け取ることが可能です。このような充実したサポートを受けながら、転職活動に挑みたいという人にFAbankはおすすめです。
FAbank

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.