システムエンジニアの激務状況レポート

激務がないだけじゃない!社内SEの豊富なメリット!

社内SEをおすすめする理由

社内SEをおすすめする理由

社内SEといえば、システムエンジニアの中でも人気の高い職種です。例え大手コンサルやSIerに勤めていたとしても、そこから社内SEに転職する人が多いほどです。それではなぜ、社内SEに人気が集まっているのでしょうか。その理由についてまとめてみました。

なぜ大手コンサル・SIerを辞めるのか

大手コンサル・SIerは、建設業界のようなピラミッド型で動いているIT業界の頭にあるものです。主に提案などのコンサルタント業務やプロジェクト管理といったマネジメント業務を行っています。その下でプログラムを組むといった作業的な業務を行っているのが一般的なシステムエンジニアです。大手コンサルやSIerで行う仕事は、社会的評価も高く、キャリアとしても充分。給料も高い水準です。そのため、下流工程で働くSEが転職を繰り返しながら最終的に目指すのが、この大手コンサル・SIerでの仕事だと言えるでしょう。しかし一方で、大手コンサル・SIerで働きながら、さらなる転職を目指す人もいます。その理由として挙げられるのは、主に激務であること、顧客の無茶な要求や、折衝に疲れてしまったことです。
身体的・精神的な疲れから、給与が下がっても構わないから比較的時間や気持ちに余裕ができる社内SEへ転職したいと考える人が多いようですね。

なぜ転職するなら社内SEが良いのか

それでは、なぜ転職先として社内SEが選ばれることが多いのでしょうか。
その理由としては、まず社内SEには転勤がないということが挙げられます。一般的なシステムエンジニアの場合、例えば顧客が九州の企業であれば、数ヶ月常駐して仕事をするようなことも普通です。しかし、社内SEの仕事は自社内のシステムに関すること。多くの場合、案件ごとに転勤するなんてことはまず有り得ません。
次に、自分のペースで仕事ができて、残業が少ないという点も大きな理由と言えるでしょう。企業や職場環境にもよりますが、社内SEの場合、工数管理をされているわけではないため、他のシステムエンジニアのように常にフル稼働して働くという必要がないのです。もちろん残業や休日出勤が発生する場合もありますし、トラブルの際にベンダーやユーザーとの交渉が必要な場合もありますが、一般的なSEほどその機会は多くありません。何かしらの作業や電話対応などに常に追われているというようなことも少なく、業務が切迫していなければ、様々な提案をまとめたり、プレゼンテーションの案を練るといった緊迫感の低い仕事が主体になることが多いようです。
もちろんほとんどの場合、大手コンサル・SIerに勤めていたときよりも100万円程度給料は下がってしまうようです。しかしその分、家族との時間や自分の時間を大切にできることから、転職を後悔しているという人は少ないと言えるでしょう。
給料相場や勤務地など、社内SEへの転職情報の詳細は【レバテックフリーランス】の求人情報を参考にしてみてください。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.