システムエンジニアの激務状況レポート

コミュニケーションに自信のあるシステムエンジニア!社内SEに必要なスキルを紹介

社内SEのスキル

社内SEのスキル

システムエンジニアの中でも、社内SEとして働きたいという人は多いようです。その理由は、発注側として仕事をしてみたい、システム開発から運用まですべてに関わってみたい、など様々。しかし社内SEは需要の割に募集の少ない職種です。そこで、少しでも有利に転職するために、どのようなスキルや知識を身につけることが必要なのかについてまとめてみました。

社内SEの役割

社内SEの役割は、自社内のITシステム関連の物事すべてを担当しているITのスペシャリストになるということです。自社内のシステムに関しては、企画や開発、運用を始め、それを利用する各部門へのコンサルティングやアドバイスも重要な仕事だと言えるでしょう。それは、部門の垣根なくすべてのITシステムを把握しているのが社内SEだけだと言えることが理由です。システムの全体像を見ている社内SEの目から、システムの評価や改善、新たなサービスの提供等を進めることが求められています。
社内SEとその他のITエンジニアには大きな違いがあります。一般的なITエンジニアは「多数のユーザー対個(=自社)」という関係性の中でシステムを構築します。一方で、社内SEは、「個(=自社)対多数のベンダー」の中でそれを行うのです。案件ごとに異なるシステムの構築を求められるITエンジニアとは違い、社内SEは常に自社のためにということを考え、最適化したシステムを構築することを求められているのです。それには、自社の今と未来を見つめる目を持ち、この先必要とされるシステムとはどのようなものなのかを考えながら、多数のベンダーとやりとりをしていくことが必要なのです。

社内SEに求められるスキル

社内SEに求められるスキルとして、まず大前提とされるのは自社内で最も多くのIT知識を持っているということです。その上で重要視されるのが、コミュニケーション能力だと言えるでしょう。社内SEは、実際に利用する部門とベンダーとの調整役を引き受ける必要があります。そのため、両方と密にコミュニケーションを取り、プロジェクトを進行させる能力は必要不可欠です。
さらに、経営層と各ベンダーの間で、納期や価格といった交渉を行うのも社内SEの仕事です。システムに関わるプレゼンテーションや交渉の役割も非常に重要なものであり、それらはコミュニケーション能力なしに円滑に進行させることはできません。今現在、一般的なITエンジニアとして働いていて、社内SEへの転職を検討している人がにコミュニケーション能力を磨こうと考えるならば、より効果的なシステムを顧客に提案してみるといった工夫をしておくと良いでしょう。周囲の人間とコミュニケーションをとりつつ、主体的にプロジェクトを進行させるという経験は、あなたの能力をさらに高めるはずです。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.