システムエンジニアの激務状況レポート

仕事も私生活も充実させたいシステムエンジニアにおすすめ!

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリット・デメリット

最近ではフリーランスという働き方を選択するシステムエンジニアが増えてきています。フリーランスとは、特定の企業や組織に所属せず、案件ごとに契約を結び仕事をこなす働き方のことです。仕事に追われることの多いシステムエンジニアにとって、仕事を自由に選べる、休みを自分で決めれるなどといったメリットを聞くととても魅力を感じるのではないでしょうか。しかしそれらのメリットは果たして本当なのかと疑問に思っている人もいるでしょう。また、デメリットは何があるのかと気になっている人もいると思います。そこで、フリーランスのメリットとデメリットについて、会社員と比較しながら説明します。

フリーランスのメリット

メリットはまず自分で仕事を選べることでしょう。会社員の場合は勤めている企業に関連する仕事に携わることになりますが、フリーランスの場合はゲームの案件や会計ソフトの案件など、自分の興味のある仕事に携わることが可能です。また、まとまった休日が取りやすいということもメリットの1つです。システムエンジニアの案件の中には常駐型のものもあり、その場合は会社員の時と同じように働くことになります。しかしフリーランスは案件ごとに契約を結ぶため、その案件が終了した後に休日を設けることが可能です。案件の合間に1週間や1ヶ月程度の休日を入れ、仕事の疲れを癒やすということもできるのです。

フリーランスのデメリット

デメリットは自分で営業を行わなければならないことが挙げられます。会社員は営業担当者が仕事を取ってきますが、フリーランスになると仕事を自由に選べる代わりに自分で仕事を取ってこなければならないのです。仕事がなければ収入もないため、営業はフリーランスにとってとても重要な事柄だといえるでしょう。自分で営業を行うことに不安を感じる場合は、下記のようなフリーランス向けのエージェントを利用するという手があります。登録するだけで案件を紹介してもらえるため、定期的に仕事を確保することも可能でしょう。また、エージェントの中には高単価な案件を扱っているところもあります。下手に自分で営業を行うより収入が高くなる場合もあるのです。

多くの案件を抱える「エンジニアファン」

エンジニアファンは案件数の多さを強みとしているエージェントです。個人では獲得しづらい大手企業や官公庁の案件も扱っています。登録後に専任コンサルタントが付き、案件終了のおよそ1ヶ月前に次の案件の紹介をしてくれるため、途切れることなく仕事がしたい人におすすめです。
エンジニアファン

高単価な案件が多い「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスは業界でもトップレベルの高単価な案件を抱えるエージェントです。こちらも専任のフォロワーが付き、参画前から参画後までフリーランスとしての活動をサポートしてくれます。フリーランスに興味がある人向けに無料で個別相談も行っているため、まずは相談してみると良いでしょう。
レバテックフリーランス

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.