システムエンジニアの激務状況レポート

激務は少ない分モチベーション維持が難しい?社内SEのメリットとデメリット

社内SEのメリット・デメリット

社内SEのメリット・デメリット

転職で社内SEを目指したいという人は多いようです。年収は平均して500~750万円程度という職種ですが、それでも社内SEには「楽」だというイメージがあり、激務に疲れたシステムエンジニアが転職を目指し激戦区となっているようですね。それでは実際の社内SEはどのような仕事なのか見ていきたいと思います。

社内SEとは

社内SEの仕事とは、簡単に言うと自社内のシステム開発やインフラ整備・運用などを行うものです。例えば、社内のWebシステムや業務改善システムの開発、社内のパソコンをつないでのインフラ構築、その管理や運用などを行うことが多いようです。それでは、社内SEとして働くエンジニアのメリット・デメリットとはどのようなことなのでしょうか。

社内SEのメリット

まず初めに、顧客となるのが自社内の人間となるため無茶な要求や納期を押し込まれることがなく、激務になりにくいという点が挙げられます。
新しい技術を勉強してそれを使ってみたいと考えていたとしても、厳しいスケジュールの中で顧客との交渉をしながら、となるとなかなか難しいものです。しかし、自社内の場合は、自分のペースで仕事を進められることが多いため、ひとつひとつの技術を自分のものにしながらステップアップすることができます。1つのことに集中することができるというのが最も大きなメリットだと言えるでしょう。さらに社内の人間にシステムに関することに対して、頼りにされるというのも大きなモチベーションになります。自分の知識やスキルが、目に見えて誰かの役に立つというのは、非常に嬉しいものです。

社内SEのデメリット

逆に社内SEのデメリットとしては、まず会社に評価されにくいという点が挙げられます。社内のシステム開発などを行う以上、社内SEは直接的に会社の売上に貢献するものではありません。システムにトラブルがあれば、それはマイナスとして評価されますが、問題なく動いていればそれが当然であり、動いているということ自体が高く評価されるということはありません。その人が技術を追い求めていったとしても、それが目に見えて会社の利益とならなければ、社内SE自体が会社のコストであると見られがちなのです。
さらに、自社内の人間が顧客であるという状況からモチベーションの維持が難しいこともデメリットとして挙げられます。お互いが社内の人間であることから、それほど無茶なリクエストを受けることがないため、どうしても技術を磨こうという気持ちは起こりにくいものなのでしょう。また、同じ社内SEのメンバーが保守的なエンジニアだった場合、技術的な変化を嫌うということも考えられます。その場合、ある程度の技術レベルが身につけば、あとはひたすらルーチン作業をするということにもなり得るのです。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.