システムエンジニアの激務状況レポート

激務のシステムエンジニアとはどう違う?社内SEの仕事内容とは

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容

システムエンジニアの中で転職先としても人気の高い社内SE。同じ社内SEでも、所属する企業によって仕事内容は異なりますが、一般的によくある仕事内容をいくつか紹介していきます。いくつかの業務を一人で担当している企業もあれば、細かく分業する企業もあるようです。

アプリケーションエンジニア

内SEの場合も、一般的なシステムエンジニアと同様にアプリケーションの設計・開発を行います。ただし、開発するのは社内のITシステムです。社内SEの場合は、ユーザーの求める要件を具体的な仕様書にまとめ、ベンダーに発注するか自分で開発を行うことになりますが、多くのユーザー企業の場合は、ITリソースは社会社のシステム部に置きつつ、開発については外部のベンダーに発注することが多いようです。

ネットワークエンジニア

社内のITネットワークの構築や運用、保守を担います。自社に適合するネットワークの設計、使用する機材の選定や仕入先の選定・価格交渉も社内SEの仕事です。ネットワークの設計については、社外のベンダーを利用することも多いものですが、その設計仕様を把握することで、発生する障害に備えることも重要です。つまりITインフラの維持がネットワークエンジニアとしての社内SEの仕事だと言えるでしょう。

サーバエンジニア

サーバエンジニアとネットワークエンジニアを総称して、インフラエンジニアと呼ぶことがあります。ネットワークを管理するネットワークエンジニアに対して、サーバエンジニアは、システムが稼動するサーバの構築や運用、保守を担っています。システム稼働に必要なサーバマシンは、一般のパソコンよりもハイスペックな分、高価です。そのサーバマシンを選定したり、仕入先のメーカーの選定や価格交渉を行うのもサーバエンジニアです。一般的なWindows系だけではなく、Windows Server以外のOSでもサーバマシンの設定や運用が行えるようにしなければなりません。
さらに、システムのセキュリティをサーバ側の視点からみることで、セキュリティシステムを強固にすることもサーバエンジニアの仕事だと言えるでしょう。

ヘルプデスク

社内SEとして働く以上、その自社内のシステムやパソコンのヘルプデスクの役割も担うことになります。社内SEの顧客は社内の人間なのです。パソコンを使うときに、メールソフトの設定ができなかったり、インターネットに繋がらなくなったり、パソコンが起動しなくなったというのうなトラブルは数多く発生します。そんなときに、一番最初の相談窓口となるのが社内SEだと考えておきましょう。マニュアルを見ても解決しないようなトラブルが発生した場合、その原因は社内インフラにあるということもあります。そのため、社内のネットワークエンジニアやサーバエンジニアとの連携も重要です。さらに、社内のパソコンに入っている多様なソフトウェアのライセンス管理やセキュリティパッチの適用などもヘルプデスクの仕事に含まれることが多いようです。

PV数の多いサブテーマ

システムエンジニアの激務状況レポート

Copyright © 2014 システムエンジニアの激務状況レポート All Rights Reserved.